キャノンプリンターの B200エラーからの回復

 プリンターがB200というエラー表示をだして起動できなくなりました。印刷のトラブルなのに、印刷ができないだけでなくスキャナーとしても使えなくなるという困った仕様なんですね。

 エラーのB200とは何だ?と思って検索したら、プリンターヘッドがインクで汚れて印刷できなくなるだけなのでヘッドをきれいにすれば直るらしいと分かりました。

 それで、親切に直し方を書いているブログを参考にプリンターヘッドを外し、ぬるま湯でざぶざぶと洗いました。
電子基板が付いていますが、気にしません。完全に乾かしてから電気を流せばいいのです。(うっかり濡らしたままだと基板は死にます。これ大事)

 ファンヒーターの温風の出口から熱くなりすぎないように少し放して乾燥させました。1時間以上たって水気が完全にどこにも残っていないことを確認してから元の場所にヘッドを戻し、インクを取り付け、祈りを込めて電源を入れたらまたしてもB200の表示がでました。

 しかし、ここでがっかりしてはいけません。そのまま電源を切り、プラグも抜いて次の日まで放置し、再び電源を入れたらプリンターは回復していました。ヘッドクリーニングを何回か繰り返して元通りに印刷できるようになりました。
 詰め替え用インクを連続して使っていたのが原因かとも思いましすが、この方法でまだしばらく使えそうです。
 万単位で家計費を節約できました。良かった。
 

↓復活したPM990
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック